タグ「子ども学」 の検索結果(1/1)

2011年9月21日

動物行動学的「子育て」の捉え方の入門書

イヴの乳―動物行動学から見た子育ての進化と変遷
小原 嘉明
東京書籍
売り上げランキング: 257878

誠実な本だ。「子育て」を動物行動学の視点でとらえるとどうなるのか、さまざまな動物(魚類、昆虫、鳥類、哺乳類など)の実際の研究例を挙げて丁寧に説明している。類書には動物行動学(進化生物学)の理論を乱暴に現代社会にあてはめ、科学の名を借りて自分の子育て観を押し付けるような著作もあるが、本書はそのような態度とは一線を画している。子育てに関連する動物行動学の理論的枠組みを紹介し、豊富な実例でそれらをわかりやすく示している。

生物学者の目には、本書の内容は特に目新しくは映らない。内容的にはきわめてオーソドックスといってよい。

特筆すべきはその文章、文体だ。平易な言葉で実にわかりやすく書いてある。また、押し付けがましさがない。穏やかな口調で丁寧に語りかけられているような感覚を得られる。

進化生物学者が人間について語る本として、これは異例のことではないかと思う。動物学者や進化学者は人間について語るとき、えてして「文系の人々は人間は特別だとかいいますけど、人間も生物の一員であり進化の産物であることは科学的、客観的な事実なんですよっっっ!」みたいなことを口走ってしまうのだけれど、本書にはそういう攻撃的な感じは皆無である。

だから、本書は「子育ての本」というより楽しい動物読み物としても十分価値がある。むしろ、本書から現代社会における子育ての問題について直接的な答えを得ようとする人にとっては物足りないかもしれない。終わりのほうで現代社会の子育てをめぐる問題について多少論じているが、類書のようにそれを強引に動物行動学に結びつけて解釈したり処方箋を示したりはしていない。だがそれも著者の誠実さのあらわれだろうと私は思う。

最近、霊長類学から子育てについて何か語ろうという野心を抱いた私にとっては大変参考になる本だ。同時に、うちの大学の学生に対して子育ての生物学的側面を教えるのに格好の参考書になる。「文系」の保育系、教育系の方々にはぜひ本書をお読みいただきたい。

2009年5月 5日

江戸時代の子育ては「正直」と「慎み」

ゴールデンウィークとは、昼間に家庭(娘)サービスをして、夜に押しまくってる仕事をする日々のことであったよ...。3日連続で連れ出して遊んでやったおかげで、さすがに今日はワガママを言わぬ娘であった。というわけで、午前中は図書館の視聴覚コーナーでビデオ観賞してもらうことに。

とはいうものの、このご時世、目を離すわけにもゆかず、つきそいである。僕が小2のときは、一人で県立図書館に行って本借りてたのに...。

つきそいながら読んだのがこの本。


江戸に学ぶ人育て人づくり (角川SSC新書)
小泉 吉永
角川SSコミュニケーションズ
売り上げランキング: 173605

著者は「往来物研究家」を自称している。「往来物」とは、江戸時代にいろんな人がものした、まあ教科書のようなものである。その中から、子育てや人育てに関する書物を集め、江戸時代の子育てや「人生指針」がいかなるものだったかを探求したのが本書である。

「◯◯の子育て」(◯◯には地名や歴史区分や動物種を挿入)といった本にありがちな、「今の子育てはまちがい。◯◯を見習うべき」というおしつけがましいところがなく、原典を読みながら「へぇー、そうだったんだー」と素朴に驚いている著者の姿が目にうかぶような本だ。僕も読んでいて「へー」と思うことしきりであった。

庄屋さんが子孫のために書いた「茶飲み話」や、文筆家のものした教育論など、子育てや人材育成はずっと昔っから人々の関心事だったのね、と感心。

特に子育てに関する部分を真剣に読んだが、いろんな書物に共通しているのは、


「子どもを幸せにする」「子どもを丸ごとうけとめる」といった視点がまったくない。

ということだ。


現代社会では、子育ての目標って何だろう、みたいなことで多くの人が悩んでいて、僕も悩んでたりする。そして、悩める僕たちに、育児のオーソリティたちは「子どもの最大限の幸せですよ」とか「子どもには無限の可能性があるんですよ。それを伸ばしましょう。」とか、いろんな難しいことを求めてくる。

本書に出てくる江戸時代の子育て指南は、そうしたことと無縁だ。子どもを幸せにする、といった視点自体がない。というと少し言いすぎだろうか。でも、江戸時代の幸せって「とんでもなく不幸にならないこと」だったんだなあ。

まあ、現代の子育ての目標が「子どもの利益(幸福)の最大化」だとしたら、江戸時代のそれは、「子どもの最小限度の幸福の保障」だと言える。

最小限度の保障だから、最大化のためと称して「おかしなこと」をせよと言わない。おかしなことっていうのは、たとえば「うつぶせ寝」とか「カンガルーポジション」とか「ゆとり教育」とか「インド式計算」とか「伝統遊びの継承」とかだ。そんなややこしくて、耐用年数の短いことなんか言わない。至ってシンプルである。


「子どもには『正直』を教えなさい」


正直者に育てておけば、子どもは没落したりせず、つつがなく生きられる。ここで正直というのの中には、嘘をつかないだけではなく、出し抜いたり欲をかいたりしない、慎み深さも含まれている。

本書を読んだ最初の感想は、「そうそう、子育てなんてそれでいいよね。子どもの最大の幸せとか自己実現とか、そんなんじゃなくって、「つつがなく」生きられればさぁ」というものだった。

とはいえ、じゃあ今後は家の子には「正直」だけを教えてればいっか、というわけにも、やっぱりいかないんだよね。それはやっぱり、現代社会を生きる身である自分の中に、自己実現したいとか、幸福追求したいという気持ちがあって、自分の子にも同じようにそういう道を準備してやりたいと思うからだ。

それに、江戸時代だって、かくもたくさんの「子育てマニュアル」があったということは、やっぱりみんな子育てに悩んでたってことなんだよね。

でもまあ、「ねばならない」式の話ばかりの昨今、異文化や昔の子育てマニュアルを読むのはいい気分転換になる。最近、僕のまわりでは、もうすぐ出産だとか、もう出産したとかいう人が増えているが、彼女たちにも一読をおすすめしたい。