タグ「家族論」 の検索結果(1/1)

2010年6月21日

[読書] 料理は本能ではない。だがヒトは料理を食べるよう進化した

西田さんはマハレのチンパンジーの食物を「毒見」して、チンパンジーの味の好みはヒトのそれとほぼ一致すると言った。でも、それは味のポジティブな側面についてだけかもしれない。

Cissus dinklageiという植物がある。ブドウの仲間だ。中部アフリカで類人猿調査をした人なら、誰しも一度はこいつに酷い目にあわされたことがあるのではなかろうか。おいしそうなオレンジ色の果実がたわわに実る。いかにも糖度が高そうな甘い匂い。ジューシーな果肉。ちょっと種子が大きいだけで、栽培植物のブドウとたいしてかわらない見かけ。チンパンジーもゴリラも、それはうまそうに食べる。だが、ヒトが食べるととんでもないことになる。

ある研究者は"トウガラシのようなスパイシーな刺激"と表現したが、僕の食べたのはそんななまやさしい物ではなかった。口蓋、あご、喉、食道の奥まで、刺すような痛みと痺れ、硬直する感じ。死ぬのではないかと思うほどだった。しかも、食べてすぐにはこないのだ。そこそこ味わって、果汁を呑み込んだあたりからくる。なんともたちが悪い。

これをチンパンジーがうまそうにもぐもぐ食べるというのは、信じがたい。ヒトとたいして味覚に差がないはずなのに。しかし、本書:「火の賜物―ヒトは料理で進化した 」(リチャード・ランガム著)を読むと、これこそが、われらがヒトをチンパンジーから隔てるヒトらしさであるのだとわかる。

われわれヒトは、料理を食べるように進化した。これが本書のエッセンスだ。だから、生の食物に含まれる二次化合物への耐性はとても弱くなっているのだ。

人類の進化を食性との関連で論じた古典的セオリーに「狩猟仮説」がある。本書でランガムが主張する「料理仮説」は、それへのアンチテーゼだ。

ランガムによると、ヒト化(現代的な人間らしさの進化)にはふたつのステップがある。ひとつは、アウストラロピテクスからホモ・ハビリスへの進化。もうひとつは、ハビリスからエレクトスへの進化だ。(ランガムにとってアウストラロピテクス以前の人類は、類人猿の一種だ。)

ハビリスの進化は、ある程度狩猟仮説で説明できるかもしれない。しかし、エレクトスの進化はそれでは説明できない。ランガムは、火の使用と料理の開始が、ハビリスからエレクトスに至る、形態、生理、社会の進化をもたらしたと主張する。

料理された食物にはたくさんの利点がある。第一に消化率がよい。第二に消化速度がはやい。第三に毒物を無効化する。料理を食べると、生食よりも食物の消化にかかるエネルギーと時間コストを大幅に下げることができる。これにより、余剰エネルギーを脳容量の増大にあてることができ、余剰時間をギャンブル的な狩猟にあてることが可能になったとという。

さらに、女は料理を特定の男に供するみかえりに、料理を他の男による強奪からまもってもらうとともに、男が(たまに)持ちかえる獲物をわけてもらう。こうして性的分業と結婚の起源も、料理の開始にもとめられる。

非常に魅力的な仮説だ。だが本書の論調はやや単純化しすぎのようにも思える。一般書だからしかたないのかもしれないが。なにもかもが料理のおかげと考えるのはどうか。料理がヒト化の結果ではなく動因であったという考えには完全に同意する。しかし、分業、食物分配、家族の成立など、人間社会を特徴づけるさまざまな性質の出現順序や因果関係は、もうすこし慎重に考えるべきではないだろうか。

違和感がぬぐえないのは、ランガムは横井庄一さんの事例などをあげ、料理は一人でもできるとしているところだ。たしかに料理は一人でもできるが、そもそも料理はひとりでするものだろうか。

やがてエレクトスとなるハビリスのある単位集団で、メスたちが、それぞれ単独で料理をするようになる、という光景は想像しがたい。一人暮しの自炊が結局高くつくように、料理はある程度の量をまとめてやらないと、エネルギー的にも時間的にも、かえってコスト高になるのではないか。薪だって集めねばならんし。

ランガムに限らず、霊長類の社会生態学は、食性から社会構造を読み解こうとするときに、論理的思考の順序と、社会の成立の時間的順序とを混同しているように思うのだが、この料理仮説にもそのような匂いを感じる。

とはいえ、おもしろい。文章も訳もよくて、読ませる。個人的にいちばんおもしろかったのは、料理をするというのはどう考えても本能ではないのに、ヒトの形態、生理は料理を食べなくては生きてゆけないように進化しちゃっているということだ。

2010年5月 7日

家族論を学ぶ人のために(中川淳編 1999)

今年の目標in Japanのひとつ、家族論。 ちょっと古いけど、家族論を学ぶ人のためにを読んだ。

2部構成で、第1部はさまざまな学問分野の人が、それぞれの立場から「家族とはなにか」「家族」にどうとりくめばよいか、といったことを論じている、第2部は家族をめぐる(ということになっていそうな)現代の諸問題〜夫婦別姓、生殖医療、ファミリーバイオレンスなど〜をとりあげ、その分野の方々が現状についての報告をされている。ひとつひとつの論文が短くて、読みやすかった。しかし、内容は玉石混淆という感じだ。ただ、それも含め、どういう分野の人がどのように「家族」を捉えているのかがわかり、おもしろかった。

現在の家族の理念型は、婚姻関係にある成年男女とその未成熟な子からなる、(しばしば同居する)社会集団である、というのが、執筆陣に、そしておそらく社会全体においても、おおむね共有された理解である。ただ、それは「家族」の定義がそうだということを必ずしも意味しない。

とくに第1部の執筆陣には、この理念型は家族のありかたのひとつであり、家族とはなにか、という問題はもっと掘り下げて考えてもいい、というスタンスの人が多い。もちろん僕もその意見に賛成だ。

一方、第1部では1章の哲学、3章の教育学、7章の社会福祉学の立場の論者が、そして第2部のすべての執筆者が、この家族の理念型を議論の前提としているように思えた。もっとも「哲学」という分野全体がそうであるとは到底思えないわけだが、教育学や社会福祉学については、僕の周囲にいる人たちをみても、おおむねこの家族の理念型を家族そのものと捉える人達が多いように思える。

また、家族援助や生殖医療の前線にいる人々にとって、家族とはなにか、という問いはさほど重要でないのだなあとも感じた。はっきりいって、第2部の各論文は「家族論」の一部として書かれているように思えないものがほとんどだった。

しかし、実はこのことこそ、家族論の現状であるともいえる。家族について考えることと、家族の問題にかかわることとの大きな断絶である。

はたして、家族論をやることは現代の家族問題に何らかの貢献をすることにつながるのだろうか。そんな疑問さえわいてくる。

そんななか、第1部第2章でとりあげられていた家族心理学という分野はおもしろそうだ。家族を実在ととらえ、理念型をあてはめるのではなく、ひとつのシステムとして、その形と意味の多様性をさぐってゆこうという姿勢は共感できる。家族心理学会に入ってみるか、検討しよう。

2009年10月19日

香山リカ「親子という病」(講談社現代新書)

家族起源論は霊長類学の重要なトピックだが、最近は日本であまり語られなくなってしまった。

その一方で、家族の意味や、現代家族がかかえる問題がかまびすしく議論され話題にされている。現代日本において、家族のありかたはとてもポピュラーなトピックである。2008年の大河ドラマ「篤姫」も家族愛がテーマだったし、2009年春の朝ドラ「つばさ」も親子関係の再生の物語だった(途中から見なくなっちゃったけど)。

なんで家族がこんなに問題視されているこの時代に、家族起源論がかえりみられなくなってしまったのだろう。家族起源論が社会の注目を集めないのは、それが現実の家族問題の中でリアリティをもたないからだ。家族が変容している(らしい)今こそ、あらためてリアリティのある家族起源論が必要なんじゃないか。

というようなことを考えつつ、本書を読んだ。

 

冒頭、現代のポップカルチャーにおいて家族の絆が大切に扱われていることが示される。最近のJ-Popに「生んでくれてありがとう」と親への感謝表明をする歌が増えているという。

一方、「家族殺し」もまた現代の大きな社会問題である。家族殺しの件数自体はずっと減少傾向にあるが、ごく普通の家庭で家族殺しが発生するようになっている。また、若者による無差別殺人の根底にも家族内の問題がある。下手人たちが、「親を困らせたかった」という趣旨の発言をする。

現代の「子どもたち」は、一方で親への感謝と愛を"経でもとなえるように"表明しながら、一方で親に対する恨みをつのらせているかのようである。本書では、これらが表裏一体の現象として理解される。

精神分析医としての臨床経験から著者がひきだした結論を要約すると次のようになる。

現代において、家族の社会的機能はほとんどが他で代替可能になっている。マードックが指摘した家族の機能のうち、今もなお家族特有の機能といえるのは「生殖」(子作りと子育て)くらいしかない。それすら大部分は外注可能になっている。こんな状況で、家族に積極的な社会的意味を見出すのは困難である。

しかし、わたしたちはそれでもなお「家族(親子)は重要」という思いから逃れることができない。それはいわば「病」である。

親子(家族)という病に深く冒された人たちは、必死で家族をやろうとする。家族をやるとはどういうことか。それは、互いに無償の愛を与えあうことである。それは精神的な部分だけでなく、行為をともなう。かくして親は「我が子のために」無償の自己犠牲を、頼まれたわけでもないのに行うのである。特に母親は。

それに対する子どもたちの反応には明確な性差がある。(ここでいう子どもは、年齢的な子ども(juvenile)ではなく、offspringのことである。)
女性にとって母親の愛は支配である。支配から逃れたいと思うが、それが無償の愛に基く(と信じられている)が故に、そこから脱することを親への裏切りととらえ、罪悪感を覚えてしまう。母親は母親で、娘が自分から逃れようとすると、それを裏切りととらえる。それは長期的な母子の恨みとなる。(そしてその恨みが精神症状となってあらわれた女性たちが、著者のもとを訪れる。)

一方、男性は母親の愛を生涯にわたって100%享受する権利があると考える。母の愛は不変なのである。それは自分が死んでもかわらないほどである(e.g. 「岸壁の母」)。だがリアルの母親はそうではない。そこで男性は母親に裏切られたと感じ、親殺しをしてしまう。あるいは、裏切られたという事実を否定するため、無差別殺人などをして"それでも母親が愛してくれること"を期待する。

いささかうまいことまとまりすぎという感はあるが、説得力のある解釈である。

さて、家族という病の原因について、著者は、基本的にはそれは逃れようのない病としたうえで、ふたつの外的要因を挙げている。ひとつは、社会権力の要請である。家族という、愛にささえられた社会構造があることによって、社会福祉のコストを家族に負担させることができるし、また人々の勤労意欲を高めることができるという。もうひとつは、現代社会において、多様な社会関係が失われつつあり、家族と向きあう相対的な時間割合が極めて高くなっていることである。つまり、われわれは普段、ほとんどのプライベートな時間を家族としか過ごしていないのだ。

では、われわれはいかにして家族という病を治療できるのだろうか。著者は、それは治癒不可であるという。ならばどうするのか。著者の答えはこうだ。

「親子というこの致死的な病の影響を少しでも軽くするためには、病そのものに取り組むのではなく、視線を内から外へ、家庭内から社会へ、家族から他人へ、とそらすことしかない。」

簡単にいうと、家族が問題になる時間や場面や精神的負担の相対量を減らせということだ。そのために、社会の中に積極的に出てゆき、赤の他人とのつきあいを増やせということだ。

生活者としての僕は、この意見をとてもまっとうなものだと思う。家族、家族とさわぎすぎの現在は、あきらかにちょっと病的だ。

それはそれとして、家族(起源)論という立場から少し考えてみようと思う。

著者のいう「病」は、「本能」と呼べるのかもしれない。本能という言葉が嫌いな人は「生得的な傾向」でもよい。社会集団の中に家族という構造が生じたのには、進化的な背景があると考えるのだ。至近的には家族は個々人の"家族行動"によって維持されており、それを支える心性が家族愛なのだ。

スプレイグさんがサルの生涯、ヒトの生涯--人生計画の生物学 (生態学ライブラリー) の中で、現代の日本人の生活史の特徴を「子どもの完全無価値化」だと述べている。近代以前の社会や自然社会では、子どもは早い段階から何らかの形で生産活動を行う。たとえば水汲みとか、畑仕事の手伝いとか。そして、年齢を重ねるにつれ生産量は増大し、大人になると自分一人の消費量を上回るようになる。実際、農家などでは、子どもをつくる大きな理由のひとつが働き手の確保にあった。つまり、親が子どもを育てるのは、子どもが役立つからであった。現代はどうか。子どもは親の仕事を申し訳程度に手伝うくらいで、ほとんどまったく生産しなくなった。

同じことをアメリカの人類学者の David Lancy も述べている。現代西欧社会において、子どもは"経済的にはほとんど無価値"になっている一方、"崇拝ともよべるような"価値づけをされているというのだ。

一方、子どもの側からみてみると、たしかに親は経済的に極めて重要である。しかし、著者が述べているように、親の機能の多くは外注可能になり、事実外注されている。

したがって、親も子も、機能的には互いを必要としていないことになる。にもかかわらず、家族という病/本能は家族の解体を許さない。いらなくなっても愛は残る。無償の愛とは、機能を失った愛といえる。

このように考えると、親子という病/本能を克服するためにできることとして、「親子から目をそらす」以外の方策がみえてくる。それは、愛の機能をもう一度精査し発見して、無償の愛を有償の愛に戻してあげることだ。

現代社会において、家族という構造の効用は何か。僕たちは家族を構成して生きることで、どんな利得を得ているのだろうか。こうした問いをたてることで、今まで気付かれていなかった、人間家族に普遍的な機能をあらたに発見することになり、家族の起源と進化を考えなおす材料となるかもしれない。

例えば、これは実は部分的にはあるところで聞いた話の受け売りなのだが、家族で暮らすことで、食物資源をより効率的に利用することができるかもしれない。通常、家族というのは異なる性年齢クラスに属する個体によって構成されているので、成員間で栄養要求や食物の可食部位がちょっとずつ異なる。同質の個体で構成された集団とくらべ、食物をめぐる競争が緩和されるし、一人が食べられない部位や食物アイテムも、別の人が食べることができる。

同質の個体で構成された集団というのは、例えば老人ホームだ。老人ホームでは、食物の固い部位は誰も食べられない。そのため、食べられずに捨てられる部分が多くなる。実際、老人のみの世帯やホームでは、捨てられる食物が相対的に多いのだそうだ。一方、家族で暮らしていれば、野菜などで、老人が食べられない固い部位を成人男性が食べることができる。

これはちょっとした思いつきにすぎないけれど、こうした観点なら、類人猿の社会生態学的研究から現代家族について言えることがまだまだ掘り出せるような気がする。