タグ「語学」 の検索結果(1/1)

2010年1月 7日

キリクと魔女


学生たちと「キリクと魔女」を見た。

ギニア在住経験のあるアフリカ系フランス人によるこのアニメ映画は、アフリカをモチーフにした優れたアニメだ。知ってる人は知ってると思うが、このアニメ、衝撃の結末なのだ。「衝撃の結末」とはこういうことを言うのだと思う。誰も予想できない。

見終った学生たちの感想も、ひとしきりそれでもちきりだった。途中で寝てしまった学生は、最後まで見た学生とまったく話があわない。

そのほか、色彩や音楽が今まで見たことがあるアニメと全然ちがうという感想が多かった。たしかに。

この映画の魅力は、小道具だ。村の家や家財道具、服装や村の暮しぶりなど、もうほんとうのアフリカの村にそっくり。また、動植物もとてもリアル。いくつかの動植物は、種名までちゃんとわかるほど。

村人の身振りやしぐさもすごい。大きく腕をふって演説するおばさんとか、川であそぶ子どもたちの動きとか。そして音楽。現代的アレンジはしているけど、アフリカ音楽のエッセンスはしっかり凝縮されてる。そして村人は何かあるとすぐ歌い、踊る。そこもアフリカっぽい。

ひとり、「歌ったり踊ったり、ディズニーっぽかった」という感想を述べた学生がいた。それは、指摘されるまでまったく思いつかなかった。たしかにディズニー映画も歌って踊る。

だが、なんというんだろう。ディズニーのアニメは、何をモチーフにしようと、そのすべてが「ディズニー化」されているように思える。「アラジン」はちっともアラブっぽくないし、「ポカホンタス」は見てないけど、現実のネイティブ・アメリカン的要素はすっかり消されていたどころか、ひどい歪曲がされていたと聞く。白雪姫だってそうだ。グリム童話だってことを忘れそうになる。というか、白雪姫といえばディズニー、みたいになっている。

結局、ディズニーアニメの「舞台」は、ディズニーランドなのだ。作中人物が歌い、踊るのは、観客にむけたショーである。でも、「キリク」の中でみんなが歌い、踊るのは、ある意味"ほんとうに"歌って踊りたくなって、それで歌って踊っているのだ。

ということが、伝えられたらよかったな。

あと、余談だが、フランス語がみじかく完結で、耳で聞いてぜんぶわかった。子どもむけ映画は、耳を鍛えるのにいいかも。


2009年5月12日

モジツウ

外国語の会話力を磨くにはラジオ講座が一番! と思っている。中学高校6年間、「基礎英語」「続基礎英語」「英語会話」を聴いていたおかげで、一度も海外暮らしの経験がなかったにもかかわらず、海外で英語の人たちと普通に話すことができているのだと思う。

そんなわけで、4月から、NHKラジオの「入門ビジネス英語」「実践ビジネス英語」を聴いている。が、これがおもしろいのだ。おはなしが。

主人公はアメリカの企業で働く日本人ビジネスマン。ビジネス英語だからね。

ところがこの企業が何やってるんだか、わかるようでわからない。
どうやらモバイルコンピュータを開発してるらしい。いや、ひょっとしたらPCメーカーの下請けのプロセッサ会社なのかもしれない。ともかく、ITメーカーなのはわかるんだが、いまいち具体性が乏しいのだ。

なんか、バブルの頃のトレンディドラマの主人公たちの職業みたい。今っぽいのはわかるけど、実のところ、何?って感じ。

で、昨日は、"X5プロセッサ"がフィールドテストで失敗したせいで、"モジツウ"の出荷が早くても9月以降になりそうだっていって騒いでた。"モジツウ"?? 富士通のマネか? それはPCなのか?

ホームページをみてみたが、何にも書いてない。そのうち"モジツウ"の全貌があきらかにされるのだろうか。

ところで、NHKの語学番組のサイトにいくと、先週放送分がストリーミングできるので。知らんかった。

続きを読む "モジツウ"