タグ「調査道具」 の検索結果(1/1)

2011年2月14日

SHOT NOTEをくりぬいてフレームにすると便利!


昨日おためししたSHOT NOTE。

レシートなどを貼ってスキャンしている人のブログを読んで思いついたあたらしい使い方を試してみた。

下の写真は、本の図版(コモンズの地球史――グローバル化時代の共有論に向けて )をスキャンしたものだ。

shotnoteframe2.jpg

見たらわかると思うが、SHOT NOTEの中央部分をくりぬいて、下のように本のスキャンしたいところにおいて撮影した。

shotnoteframe1.jpg

本や新聞のスクラップがものすごくお手軽になる。DocScannerなどのスキャナアプリを使うより手間が断然はぶけた。

さらに、これをフィールドに持ち出して、足跡や食痕などを下のように撮影すると、

shotnoteframe-outdoor1.jpg

こんなふうに補正してくれる。

shotnoteframe-outdoor2.jpg

用紙をそのまま地面においたため少し形がゆがんでしまったが、アクリル板で裏打ちしておけば野外撮影用のフレームとして十分使える。

ただし、フレームを使い回しすると、連番や日付機能が使えない。ノートのサイズごとに連番と日付欄のところだけをたくさんコピーしておいて、撮影のたびに貼りつけたらうまくいくかな?

このアイデア、一番のりだといいな。


キングジム ショットノ-ト Lサイズ 白 9102
キングジム (2011-02-07)
売り上げランキング: 374

2011年2月12日

SHOT NOTEおためし


キングジムの新製品SHOT NOTEをためしてみた。

RHODIAをほうふつとさせる作りとデザインのメモパッドだが、iPhoneの専用アプリでスキャンすることができる。メモを適当なアングルで撮影すると、用紙のコーナーに印刷されたマーカーを手がかりに形を補正してスキャンしてくれる。上部には連番と日付を記入する欄があり、OCRで読み取ってくれる(メモ自体のテキスト認識はしない)。スキャンした画像はEvernoteに送信できる。詳しくはキングジムの商品ページを参照されたい。

ビジネス用途に開発されたようだが、発売前からこれはフィールドノートとして使えるのではないかと思い、さっそく購入し、試してみた。お試し結果はこれ。

shotnote.jpg

撮影後すみやかに用紙のエッジを認識してくれた。日付と連番の認識も問題なし。そして、上のように、メモだけでなく台紙として使えることに気付いた。植物の種子チンパンジーの食痕の撮影にも使えそうだ。

さて現状ではアプリにいくつか問題点・不満な点があるので記しておく。


  • evernoteに送信する際、「設定」で「ノートブックを選択」をオンにしていると、送信直前にアプリが落ちる。
  • メモは一枚ごとにタイトル、タグ等をつける仕様になっている。これではひとつのイベントで複数枚のメモをとったときに作業が煩雑になる。evernoteへの送信も1枚ずつで面倒。複数メモに一括してタイトル、タグ等をつけ、ひとつのノートとしてevernoteに送れるようにしてほしい。
  • たまに撮影画像処理に失敗し、真っ黒になる。

おそらくこれらの問題点は近いうちに改善されることと思う。今のところフィールドノートとして十分機能しそうだ。ほかのブログではあまり触れられていないが、ノートとしての質も高い。とくにゲルインクボールペンの書き味がとてもよい。

実はちょっとおもしろい使い方を思いついたので、実験して後日報告したい。

2009年7月 1日

ガボンで類人猿調査をするには? (4) 装備 2

装備の2回目は、衣服。

  1. 履物
  2. ベスト
  3. ザック・ポーチ
履物

マハレみたいな山岳地帯で調査する場合は、登山靴やトレッキングシューズがいいのだろうが、ムカラバは比較的平坦なので、山用の靴はいらないと思う。ふつうの運動靴か、ホームセンターで売っている作業靴がいい。運動靴は壊れやすいが、1ヶ月で履きつぶすつもりになれば大丈夫。

作業着やさんで、現場用の靴を買っていったら、足先を守るための金属が靴の先に入れてあったせいで、空港の保安検査でいちいち脱がねばならず面倒だった。けど、最近はみんな脱げ、と言われることもあるので、それが嫌でなければOK。

だが僕は最近運動靴もやめて、釣具屋さんで売っている「鮎タビ」というウレタンのタビを好んでいる。

足裏の感覚をなるべく裸足に近付けようと、地下足袋を試したこともある。地下足袋は、森の中を歩くのには最適だ。問題は、旧伐採路の固い地面を歩くときに、足裏が割れるように痛いことだ。ワラジを持って上から履ければいいのだけれど。

雨が降ったり、川を渡ったりするのに長靴がいるのでは? ここは好みだ。僕は長靴は重いし、足音もうるさいし、どうせどこかで中に水がはいって却って歩きにくくなるので好きではない。なるべく軽く、乾きやすい履物で、濡れて当然というつもりで歩きたい。

とはいえ、やっぱり足が濡れるのは嫌、という人は、日本で自分の足にあう長靴を買ってゆくこと。ガボンで買うと、足にあわずに往生する。田植用の長靴がとてもいいらしい、というのは 山口大の藤田さんの話。



2000年までは、自分の着古した古着を持っていっていたが、最近は作業着やさんで作業着を買って使っている。綿100%より、少しアクリルがはいっているほうが乾きがよい。作業着がいいのは、ポケットがちゃんとしていること、洗濯板での選択にも強いことだ。

ズボンも、作業ズボンがよろしい。薄くて丈夫なものがよい。

頭には帽子か手拭いがあったほうがよい。帽子はひっかかって脱げちゃうことが多いので、手拭いがいいですね。汗も拭ける。和風の模様の手拭いを持ってって、帰るときにトラッカーにプレゼントできる。

ベスト

上半身にいろいろ物を入れるにはベストがあると便利。ベストを着用していると、歩くときに双眼鏡をベストの中に入れれば揺れない。龍谷大の鈴木さんのアドバイスだ。

ベストの選択肢は3つある。山やさんで買う、作業着やさんで買う、釣具やさんで買う、だ。ひょっとしてカメラやさんで買う、というのもありかも。

物の使い勝手や品質で考えれば、山やさんで買うのがBEST。しゃれです。けど高い。

作業着やさんのベストは、ぶあつくて重い。それに、ポケットもいまいち使いにくい。

おすすめは釣具やさんで2000円程度のもの。小さなポケットがたくさんついていて便利だ。

うしろがメッシュになっているものがよい。暑いからです。

買いにゆくときは、フィールドノートやビデオカメラ、地図など、実際に持ち歩くものをお店にもってゆき、ちゃんとポケットに入ることを確認しつつ、どれをどのポケットに入れるか決めてから買う。

ザック・ポーチ

ザックは背中が蒸れるので、やめてみたりもしたけれど、やっぱ、あったほうがいい。ザックなしだと、背中をツェツェバエに刺されまくるというのも、無視できない要因だ。

自転車用のたすきがけザックを試したことがあるが、不便だった。身体の前のほうで、双眼鏡の紐とバッティングするのだ。

僕のこだわりは、外側の大きさに比べ容積が大きいこと、それだけ。たくさんポケットがあったりしても、結局使わない。こまごましたものはベストに入れる。

ポーチは、ベストがあればいらないともいえる。ただ、荷物の重さを肩と腰に適度に分散させたほうが疲れないので、その意味では便利かも。