タグ「霊長類学」 の検索結果(1/1)

2011年1月30日

動物園と学校の息の長い連携

1月28日は日本モンキーセンターの研究幹事会だった。自宅も職場も近所なのに用事があるときしか行ってないことに恐縮しつつ出席したが、モンキーセンターの今年度のすぐれた取り組みを多数聞くことができて有意義だった。

僕がまだ所属していたころから、学芸部門は積極的に学校との連携を模索していた。それから5年近くたって、学校と連携した学習活動の実践が見事に花開いていた。貪欲なスタッフのみなさんは「まだまだこれから」と言うかもしれないが、傍目には、動物園が主体的に行う教育活動としてはかなり突出したものに映る。今や犬山市に4つある中学校のうち3校がモンキーセンターでの学習活動を理科の授業にとりいれているのをはじめ、犬山市を中心に近隣の小中学校の単なる「利用」ではなく「連携」先となっている。

特長的なのは、学芸スタッフが連携校の先生がたと顔の見える息の長い関係を作っていることだ。パッケージ化された学習プログラムを「どうぞご自由にお使いください」と提供するのでも、学校側が単にモンキーセンターを教材として使うのでもなく、先生と学芸スタッフが一緒になって、子どもたちがモンキーセンターで何を学べるかを考え、実践してゆく。すべてがオーダーメイドだ。小学生むけ学習プランを紹介するチラシをもらい、「メニュー」のいくつかをうちの大学の子ども学部の学生に体験させることはできないかと尋ねたら、「これは単なる例で、プログラムは学校と相談しながら作るんですよ。」と言われた。そういえばそうだったね。昔からずっと。

このような連携が可能になったことは、もちろん地域の学校の先生がたの熱意に負うところも多いだろう。だが、TさんやAさんをはじめとしたモンキーセンター学芸スタッフの教育活動に対するユニークな姿勢も大きい。その姿勢とは


モンキーセンターには子どもが学習すべきことがある


というものだ。

動物園や博物館と学校の連携活動が新聞やテレビで紹介されるとき、たいていの場合「〇〇の展示や資料を学習に活用してもらおうと」という枕がつく。そこには「活用しなかったら困るというわけではない」というニュアンスがある。実際、活用されなくて困るのは来場者の少ない動物園のほうで学校ではないと言う人もいる。そういうニュアンスで連携活動を行うところは、ひたすら学校の都合に配慮するか、逆に「丸投げ」されてパッケージかされた学習プログラムを提供するだけだったりする。

モンキーセンターのスタッフは違う。彼らには子どもたちに伝えたいこと、学んでほしいことがあり、それをなんとかして子どもたちに届けたいと願っている。その情熱が先生がたを動かし、時間割調整や引率などの負担をものともせずモンキーセンターでの学習活動を継続する学校が増えているのだろう。

顔の見える息の長い連携を継続するためには、動物園・学校の双方が相当の労力を活動に投入する必要がある。研究幹事会の場でも、学習利用が増えてうれしいが、増えすぎるとキャパを超えてしまいクオリティを保つのが大変だという現状が報告された。また先生がたも生徒を引率する前後に何度も何度もセンターに打ち合わせに足を運ぶ。日々の授業と生徒指導をしながら、大変なご苦労である。

もっとも、真剣な連携はかように大変だからこそ、出来合いのパッケージの「活用」という利用形態が一般的なのだろう。また、そうした活動はコンテンツが「見えやすい」ため報道されやすい(「先生が学校からホームページにアクセスして、希望するコンテンツを選んでクリックすると予約までできちゃうんです。」みたいな)。でも、僕自身も子ども向け学習イベントや講座をやってみて感じることだが、「既製品」って印象に残らないんだよね。しかも、そういうのって事前学習や事後学習がないか、あったとしてもおざなりなことが多いし。

そんなわけで、研究幹事会では僕が出てからのモンキーセンターの学芸部門の躍進ぶりに目を見張るとともに、パンク寸前といいながら充実した顔をしている元リサーチ、現学芸のTくんがちょっとうらやましかったりもしたのだが、学芸が提供するコンテンツの根幹にあるのは学問全体の研究成果なわけで、かれらの実践をサポートするためにも、自分の研究をしっかりしなくてはと思った週末である。

2010年6月21日

[読書] 料理は本能ではない。だがヒトは料理を食べるよう進化した

西田さんはマハレのチンパンジーの食物を「毒見」して、チンパンジーの味の好みはヒトのそれとほぼ一致すると言った。でも、それは味のポジティブな側面についてだけかもしれない。

Cissus dinklageiという植物がある。ブドウの仲間だ。中部アフリカで類人猿調査をした人なら、誰しも一度はこいつに酷い目にあわされたことがあるのではなかろうか。おいしそうなオレンジ色の果実がたわわに実る。いかにも糖度が高そうな甘い匂い。ジューシーな果肉。ちょっと種子が大きいだけで、栽培植物のブドウとたいしてかわらない見かけ。チンパンジーもゴリラも、それはうまそうに食べる。だが、ヒトが食べるととんでもないことになる。

ある研究者は"トウガラシのようなスパイシーな刺激"と表現したが、僕の食べたのはそんななまやさしい物ではなかった。口蓋、あご、喉、食道の奥まで、刺すような痛みと痺れ、硬直する感じ。死ぬのではないかと思うほどだった。しかも、食べてすぐにはこないのだ。そこそこ味わって、果汁を呑み込んだあたりからくる。なんともたちが悪い。

これをチンパンジーがうまそうにもぐもぐ食べるというのは、信じがたい。ヒトとたいして味覚に差がないはずなのに。しかし、本書:「火の賜物―ヒトは料理で進化した 」(リチャード・ランガム著)を読むと、これこそが、われらがヒトをチンパンジーから隔てるヒトらしさであるのだとわかる。

われわれヒトは、料理を食べるように進化した。これが本書のエッセンスだ。だから、生の食物に含まれる二次化合物への耐性はとても弱くなっているのだ。

人類の進化を食性との関連で論じた古典的セオリーに「狩猟仮説」がある。本書でランガムが主張する「料理仮説」は、それへのアンチテーゼだ。

ランガムによると、ヒト化(現代的な人間らしさの進化)にはふたつのステップがある。ひとつは、アウストラロピテクスからホモ・ハビリスへの進化。もうひとつは、ハビリスからエレクトスへの進化だ。(ランガムにとってアウストラロピテクス以前の人類は、類人猿の一種だ。)

ハビリスの進化は、ある程度狩猟仮説で説明できるかもしれない。しかし、エレクトスの進化はそれでは説明できない。ランガムは、火の使用と料理の開始が、ハビリスからエレクトスに至る、形態、生理、社会の進化をもたらしたと主張する。

料理された食物にはたくさんの利点がある。第一に消化率がよい。第二に消化速度がはやい。第三に毒物を無効化する。料理を食べると、生食よりも食物の消化にかかるエネルギーと時間コストを大幅に下げることができる。これにより、余剰エネルギーを脳容量の増大にあてることができ、余剰時間をギャンブル的な狩猟にあてることが可能になったとという。

さらに、女は料理を特定の男に供するみかえりに、料理を他の男による強奪からまもってもらうとともに、男が(たまに)持ちかえる獲物をわけてもらう。こうして性的分業と結婚の起源も、料理の開始にもとめられる。

非常に魅力的な仮説だ。だが本書の論調はやや単純化しすぎのようにも思える。一般書だからしかたないのかもしれないが。なにもかもが料理のおかげと考えるのはどうか。料理がヒト化の結果ではなく動因であったという考えには完全に同意する。しかし、分業、食物分配、家族の成立など、人間社会を特徴づけるさまざまな性質の出現順序や因果関係は、もうすこし慎重に考えるべきではないだろうか。

違和感がぬぐえないのは、ランガムは横井庄一さんの事例などをあげ、料理は一人でもできるとしているところだ。たしかに料理は一人でもできるが、そもそも料理はひとりでするものだろうか。

やがてエレクトスとなるハビリスのある単位集団で、メスたちが、それぞれ単独で料理をするようになる、という光景は想像しがたい。一人暮しの自炊が結局高くつくように、料理はある程度の量をまとめてやらないと、エネルギー的にも時間的にも、かえってコスト高になるのではないか。薪だって集めねばならんし。

ランガムに限らず、霊長類の社会生態学は、食性から社会構造を読み解こうとするときに、論理的思考の順序と、社会の成立の時間的順序とを混同しているように思うのだが、この料理仮説にもそのような匂いを感じる。

とはいえ、おもしろい。文章も訳もよくて、読ませる。個人的にいちばんおもしろかったのは、料理をするというのはどう考えても本能ではないのに、ヒトの形態、生理は料理を食べなくては生きてゆけないように進化しちゃっているということだ。

2009年11月 2日

第54回プリマーテス研究会

やっと案内がきた。

第54回プリマーテス研究会「里山 -持続可能な自然利用-」
  • 日時: 2009年11月28日(土): 10:25-17:20
  • 場所: (財)日本モンキーセンター ビジターセンター
  • 参加費: 一般1,000円、大学生以下は500円 (懇親会費 2,000円)
去年にひきつづき、今年も大テーマは「里山」。 滋賀県立大の黒田さんが日本でやっている焼畑の話をする。楽しみ。田端さんのお話を聞けるのも、学部生のとき以来だ。

上記のサイトのフォーム、または電子メール、または電話で参加申し込みができる。当日参加も可能だが、事前申し込みをしておくと入園料を免除してもらえる...はずなんだけど、チラシ、ポスター、ウェブサイトのどこにもそれが書いてないぞ。(事務局に確認したら、やっぱり入園料免除になるそうだ。)

2009年10月31日

サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト (SPP)

昨日、南山女子部で霊長類学の講座をしてきた。

これは、JSTのサイエンス・パートナーシップ・プロジェクトによる補助事業だ。僕が南山とかかわるのはモンキーセンター時代から数えると5回目になる。事業実施主体である南山のM先生の熱意と努力のたまものである。

昨日の講座は、来月行う嵐山モンキーパークいわたやまでの野外実習の事前学習という位置付けで行なった。実習の大きなテーマは「「社会」という目にみえないものを、行動観察から"科学的に"読みとる」とした。

野外実習は、サルの行動観察でおきまりの「近接」と「毛づくろい」を個体追跡によって観察してもらい、そこからサルどうしの社会関係をよみとって、ニホンザルの社会構造について何か考察してみよう、というオーソドックスなものだ。去年は、事前学習なしにいきなり実習だったが、今年は講座のテーマを事前にはっきり伝えることで、より高い学習効果を期待している。

高校生を相手にした講座も、5年もやると(実際はSPPでないものも含め6回目なのだが)、だいぶ呼吸がわかってくる。M先生との連携も、気心が知れてきてスムースになったし、参加する生徒にもリピーターがいて、前回よりさらに楽しくなってきた。継続は力なりである。

実習は来月下旬。紅葉まっさかり。楽しみだ。

2009年7月 2日

第25回日本霊長類学会大会 公開シンポジウム 「母親〜霊長類学と子ども学のクロスディスカッション〜」

7月になってしまった。
再来週に、各務原キャンパスで第25回日本霊長類学会を開催する。準備も大詰めだ。

最終日の7月20日(祝)に、公開シンポをやります。大会参加者でなくても、誰でも参加できます。申し込み不要です。

  • タイトル: 「母親〜霊長類学と子ども学のクロスディスカッション〜」
  • 日時: 2009年7月20日(祝)、14:00〜17:00
  • 場所: 中部学院大学各務原キャンパス大講義室( 岐阜県各務原市那加甥田町30-1)
  • 内容の詳細、連絡先などは公式サイトをご確認ください。
多数の参加をおまちしています。

2009年5月31日

学会準備

今年はうちの大学を会場にして日本霊長類学会を開催する。

第25回日本霊長類学会大会

去年からその準備をしているのだが、いよいよ大会まであと2ヶ月を切った。なんだか、てんやわんやである。

ひとつひとつの作業はそんなに大変じゃないんだけど、すべてをまとめてきりもりするというのが難しい。実行力っていうのは、作業を行なう能力じゃなくて、作業をマネジメントする能力だということを思い知ると同時に、自分の実行力のなさを実感している。

ううー。そんなわけでブログ更新も滞りがち。今月も10回更新はならず...。