タグ「Linux」 の検索結果(1/1)

2010年4月 6日

デスクトップとノートPC間のファイルの同期に悩む

ガボンのプロジェクトで大きな地図画像データや映像をいじることが増えたので、研究室に速いデスクトップPCを設置した。とりあえずUbuntu 9.10 karmic koalaをインストールして、ようやくまともに仕事のできる環境にたどりついた。Ubuntuの10.4がリリースされる直前という、なんとも微妙なタイミングだが、どうせリリース直後はいろんなバグがあるだろうから、7月ごろにアップグレードしよう。

さて、これで自宅&お外で使うノートPCと、研究室のデスクトップという2機体制となった。ここで、複数マシン間でのファイルの同期をどうするかという問題が生じる。

とりあえず、原始的な方法として、毎回どちらかのPCでの作業終了後にポータブルSSDにrsyncでバックアップを作成し、別のPCで作業を開始する際、SSDからPCのHDDにやはりrsyncで同期をとる、という方法をとることにした。

けれど、いくつかのコンテンツはバージョン管理化におきたい。実際、現在subversionの管理化においているファイルもある。今まではPCが一つだったので、ホームディレクトリ上にリポジトリと作業ディレクトリの両方をおき、ローカルでコミットしていた。これが、ふたつのマシンで作業をすることになった場合、どうすればよいのかなやましいのだ。

同一のコンテンツに複数の端末からアクセスしたい場合、普通はサーバをたてるものだ。だが、しばしばネットから隔絶される身としては、データはローカルに保存しておきたい。

思い切ってDropboxの大容量プランを購入しようかとも思うが、Dropboxには簡単なバージョン管理機能がついており、subversionと重複する部分がでてくる。別に重複してもいいといえばいいのだが、何か無駄なことをやっているようでキモチが悪い。

2009年10月 7日

Fujitsu ScanSnap S1500

帰国するなり大量の書類の処理に頭がパニックになりそうだ。
意を決してドキュメントスキャナを購入した。 富士通のScanSnap S1500。

この機種にしたのは、小さいことと、両面同時読みとりができることと、Linuxのスキャナ操作のバックエンドであるsaneが完全対応していることだ。

XSaneから使ってみる。早い。フラットヘッドのイメージスキャナでちまちま読みこむより、数段の効率のよさだ。

設定で2ヶ所はまったので、参考までに記しておく。

まず、Ubuntu 9.04では認識されない。Ubuntuフォーラムで検索すると、次のページが。

Ubuntu forums: Scansnap S1500 not found under 9.04 Jaunty

どうやら9.10でないと対応していないようだが、フォーラムにあるとおり、libsane と sane-utils のみを9.10 (karmic koala)にアップデートすると、無事認識した。

スキャナのタイプをADF duplexに指定しても、両面同時よみとりをしてくれなかった。ネットで情報収集し、banikoさんのページを発見。スキャン枚数を2にすればあっさり両面同時読み取り。

2009年5月11日

さようならgnome、こんにちはxfce4

Ubuntu 9.04をインストールしたら、起動時間が劇的に早くなった。すると欲がでて、「Ubuntuの起動を19秒にする等のチューニングメモ」を参考にいろいろいじったら、19秒にはならなかったが、22秒まで起動時間を短縮できた。

そしたら、さらに欲がでて、ログイン後のgnomeの起動時間や、操作時の体感速度も改善したくなった。そこで、以前ちょびっとだけ使って、やっぱり使いにくくてすぐやめてしまった、軽量ウインドウマネージャxfce4を導入した。

Ubuntuでの導入はとても簡単。

apt-get install xubuntu-desktop
でOK。

gdmから起動する時に、回転するUbuntuマークの中でxfceネズミが走るのがかわいい。xfce本体も、昔とくらべはるかに操作性がよくなっていて、まったく不満がない。